「OKEx」とは?日本人でも口座開設できる?登録方法を解説

2019.07.17 [水]

「OKEx」とは?日本人でも口座開設できる?登録方法を解説

日本で取り扱いのないアルトコインを取引するには?

「日本では取り扱いのないアルトコインがほしい…」そんなときは、海外の仮想通貨取引所を検討する方も多いでしょう。

しかし、仮想通貨取引所は国内外に数多くあり、取り扱い通貨が違ったり対応言語が違ったり、なかなか手を出せない方もいるかもしれません。

今回は仮想通貨取引所「OKEx」の概要と口座開設方法を解説します。

=================
※注 現在は「仮想通貨」を「暗号資産」に呼称変更されておりますが、本記事では一般に定着・浸透している名称の仮想通貨で記載しております。
=================

 

「OKEx」とは?

OKExとは、2014年に設立された仮想通貨取引所です。BinanceやHuobiとともに中国の三大仮想通貨取引所の一つです。

取り扱い通貨はBTC、ETH、LTC、EOS、XRP、NEM、BCHなど100以上あり、その種類の豊富さと一日の取引量の多さから、世界最大級ともいわれています。

「ほしいアルトコインが日本の取引所にはない」という方も、OKExならば取引できる可能性は大いにあります。

ただし、OKExでは日本円は使用できません。OKExでトークン取引するには、まず、日本の取引所からBTCやETHを送金して取引することになるので注意が必要です。

 

OKExのメリット

OKExの最大のメリットは、取引が成立しやすいところです。

取引通貨の種類が多く、取引量が多いということは、それだけ流動性が高く、取引が成立しやすいといえます。

また、OKExは独自のトークン「OKB」を発行しており、これを基軸通貨に設定すれば、取引手数料が無料になったり、保有割合によって手数料の還元があったりというメリットも。

さらに、メールアドレスさえあれば口座開設できる点もメリットの一つです。多くの取引所では身分証の提出など本人確認が必要ですが、OKExでは必要ありません。

 

日本人でも開設できる?OKExの口座開設方法とは?

OKExでは日本語に対応していません。一見ハードルが高そうに見えますが、そんなことはありません。日本人でも、簡単に口座開設はできます。

口座開設方法

口座開設の手順は下記の通りです。

1.OKExトップページの右上にある「Sign Up」をクリック。
2.必要事項を入力。
メールアドレス、パスワード(各自で決める)、確認用パスワードを入力。「Get code」をクリック。
6ケタのコードがメールアドレスに送付されるので、これを「コード」の欄に入力。さらに、チェックボックスをクリック。
3. 最後に、画面一番下にある「Sign up」をクリックすれば完了。

二段階認証の設定方法

セキュリティ強化のため、必ず二段階認証の設定はしておきましょう。
1.Google Authenticatorのアプリをインストール。
2.OKExホーム画面で、右上の「Account」→「Security」をクリック。
3.「Security」画面内で「Google Authenticator」の「Settings」をクリック。
4.「Bind Google Authenticator」画面内で、QRコードを読み取り、「Get code」をクリック。
5. メールアドレスに送付されたコードを入力して、完了。

この後、出金や取引をする際に必要な「Fund Password」の登録も行いましょう。

設定方法は、二段階認証設定と同じで、「Account」→「Security」画面から「Fund Password」→「Settings」をクリック。パスワードと二段階認証コードを入力するだけ完了します。

 

海外取引所デビューならOKEx!

OKExの口座開設は日本語の対応はありませんが、手順はシンプルで簡単です。

二段階認証方式などセキュリティ対策も万全なので、気になるアルトコインが日本で取引できない場合は、OKExを利用してみていいかもしれません。

この記事をシェア